Now Loading...

櫻木神社について

しあわせの桜咲く・・

櫻木神社は、社記によれば
平安朝の仁寿元年に、
大化の改新で活躍した
大職冠藤原鎌足公五代の後胤で、
冬嗣公三男の嗣良公が
この地に居を移した時、
この処に桜の美しい大木があり、
公がこれの木のもとに倉稲魂命を祀り、
その後武甕槌命の神を
祀ったのが始まりであると
伝えています。

しあわせの桜咲く・・

倉稲魂命、当国野原ノ中ニ創建成リ、
櫻乃木ノ元ヘ座ス、神武神人皇五拾五代文徳天皇御宇、
仁寿元年初午ノ日稲荷大明神奉祀ス、
此時櫻木ノ中ニ座ス、
名津ケテ櫻木村ト号ス、
後又人皇六拾六代一条天皇御宇、
永祚元年壱拾弐月初午ノ日櫻乃木ノ元ヘ宮所建立ス、
時ニ桜台ト号ス、此時野原開発ノ年ナリ

さくら咲く
櫻の宮に詣づれば大神の恵みいただき大願開花

正暦三年(992年)「宮司家文書より」 その後、冬嗣公の八男良世公の孫にあたる藤原則忠氏(髙梨相模氏)が祭祀を継承したと伝えています。
現社家はその継承から28代目、初代から31代目に当たります。
現存する宮司家社家文書によれば、この地は古くには「桜木村」と呼ばれ、後に「桜台村」となり、桜が咲き誇る美しい里だったと考えられています。桜の宮と称へられている所以です。
そして今もなお広大な御神徳により、広くこの地の開発の守護神として御神慮を示され、また野田市最古のお社としてその歴史を重ね、参詣する人みな朝に祈り、夕に感謝の誠を捧げてまいりました。

櫻の宮に詣づれば大神の恵みいただき大願開花
櫻の宮に詣づれば大神の恵みいただき大願開花

当地御鎮座の後も「 さくら咲く 櫻の宮に詣づれば大神の恵みいただき大願開花」と、 祈る者後を絶たず各地より多くの崇敬をあつめています。
サクラの「サ」は早苗や早乙女、皐月などの「サ」と同じく、稲に関係し田の神さまである稲霊を表します。「クラ」はその稲霊が鎮まる場所を表します。つまり桜は神の依代(よりしろ)となる木です。
山から田の神が桜の木に降り、豊作をもたらし、人々に生きる歓びと幸福を授けてくれる象徴的な木です。
日本三大桜の一つ。福島県三春町「三春滝桜」の実生クローン種の桜です。 当神社再建御造営に際して植えられました。
三春に因んで三本の桜が植えられました。(エドヒガン系ベニシダレサクラ)「三春小桜」と名付けました。

いざなぎのみこと、いざなみのみこと
伊弉諾尊、伊弉冉尊
伊弉諾尊、伊弉冉尊
伊弉諾尊、伊弉冉尊は国生みの神として知られ、生命の祖神、また男女良縁の祖神であると言われています。
また、当社は桜の開花に因み開運・縁結びのご利益があると言われています。
うかのみたまのみこと
倉稲魂命
倉稲魂命
倉稲魂命は、穀霊としての福神であり、富貴、財運豊饒にかかわる神様です。また、豊宇気比売神(とようけひめのかみ:伊勢神宮外宮の祭神)と同一神とも言われる食物全般の神様でもあります。人々の生命を守り育て、家を富裕にしてくれる祖神であり、生活の衰運にかかわる大切な神様です。桜の「さ」は稲霊、「くら」はその神が座す場所、当神社由来の名称は稲霊との関わりと桜の木のもとに祀られたことに起因しています。
たけみかづちのみこと
武甕槌命
武甕槌命
武甕槌命は、国護りに活躍した神として知られ、我に強さを与え給ふ神として、また強さは祈る人に与えられるものと考えられ、勝運・開運・吉運の守り神と言われています。

祈願について

社殿祈願

社殿祈願では、人生儀礼の他、合格祈願、必勝祈願、心願祈願や、会社、法人等の社運隆昌・安全祈願などの祈祷も承ります。
詳しくはお問い合わせください。

出張祭典

出張祭典では、地鎮祭・新宅祭・竣工祭・家屋清祓等が主な出張祭典となりますが、会社、法人等の出張祈祷も承ります。
詳しくはお問い合わせください。