buy flagyl online codbuy novadexfluoxetine for sale onlinepropecia with no prescription40 mg cialis best dosetitlebuylowdrugsflagil no rxlevaquin lawsuitviagra doctorsfenazopiridina comprarehttp://getcandycms.com/meo/zovirax-ointment-cost.phprx pharmacy onecost of flomax in mexicohttp://getcandycms.com/meo/aviane.phphttp://getcandycms.com/meo/viagra-in-kenya.phpaverage cost of viagra 100mg

由緒

IMG_3842 サクラの「サ」は早苗や早乙女、皐月などの「サ」と同じく、稲に関係し田の神さまである稲霊を表します。「クラ」はその稲霊が鎮まる場所を表します。つまり桜は神の依代(よりしろ)となる木です。山から田の神が桜の木に降り、豊作をもたらし見守ります。そして人々に生きる歓びと幸を授けてくれる木なのです。

春爛漫re 当神社は、社記によれば平安朝の仁寿元年(西暦851年)に、大化の改新で活躍した大職冠藤原鎌足公五代の後胤で、冬嗣公三男の嗣良公が、この地に居を移した時、この処に桜の美しい大木があり、公がこれの木のもとに倉稲魂命を祀り、その後武甕槌命の神を祀ったのが始まりであると伝えています。

 
 「倉稲魂命、当国野原ノ中ニ創建成リ、櫻乃木ノ元ヘ座ス、神武神人皇五拾五代文徳天皇御宇、仁寿元年初午ノ日稲荷大明神奉祀ス、此時櫻木ノ中ニ座ス、名津ケテ櫻木村ト号ス、後又人皇六拾六代一条天皇御宇、永祚元年壱拾弐月初午ノ日櫻乃木ノ元ヘ宮所建立ス、時ニ桜台ト号ス、此時野原開発ノ年ナリ」正暦三年(992年)「宮司家文書より」
 
 その後、冬嗣公の八男良世公の孫にあたる藤原則忠氏(髙梨相模氏)が祭祀を継承したと伝えています。
現社家はその継承から28代目、初代から31代目に当たります。
 
 現存する宮司家社家文書によれば、この地は古くには「桜木村」と呼ばれ、後に「桜台村」となり、桜が咲き誇る美しい里だったと考えられています。桜の宮と称へられている所以です。そして今もなお広大な御神徳により、広くこの地の開発の守護神として御神慮を示され、また野田市最古のお社としてその歴史を重ね、参詣する人みな朝に祈り、夕に感謝の誠を捧げてまいりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当地御鎮座の後も
 さくら咲く 櫻の宮に詣づれば
大神の恵みいただき大願開花
 と、
 祈る者後を絶たず各地より多くの崇敬をあつめています。
 
画像 079
 
P1010931

社務所前駐車場

349

 

大鳥居前駐車場 第一、第二、第三駐車場その他計300台収容

 
 
 
 
 
002

櫻木神社と野田の町 もろ ただし画

駐車場270台収容

駐車場計300台収容 大型観光バス10台

参道

第二駐車場