buy flagyl online codbuy novadexfluoxetine for sale onlinepropecia with no prescription40 mg cialis best dosetitlebuylowdrugsflagil no rxlevaquin lawsuitviagra doctorsfenazopiridina comprarehttp://getcandycms.com/meo/zovirax-ointment-cost.phprx pharmacy onecost of flomax in mexicohttp://getcandycms.com/meo/aviane.phphttp://getcandycms.com/meo/viagra-in-kenya.phpaverage cost of viagra 100mg

鬼やらいと鬼むかえ 節分

burogu 209

柊鰯に大豆の殻

鬼やらいと鬼むかえ

 

今日は節分です。全国各地で鬼やらいの行事が行われます。

炒った大豆を撒いて鬼(邪気)を祓い、歳の数だけの豆を食べ一年の無病息災を祈願します。「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」との謂われによって、鬼に豆をぶつけて追い払うという意味の節目の行事です。

当家では門口に柊鰯(ヒイラギイワシ)に大豆の殻をつけた鬼除け(邪気を祓う)を取付けます。また床の間には鬼と見立てた掛け軸を掲げお供えをして迎えます。

鬼を追いはらいながら鬼を迎えるという一見矛盾するようなことも社家の風習の一つになっています。異界からの訪問者に此界の習わしを受けてもらう、その後饗応し、再び異界に無事戻ってもらう、鬼もまた福をもたらす異界からの“まれびと”(訪問者)として歓待されています。

さて、当家の掛け軸の「鬼」と見立ている図は「神農図」のようです。当家ではいつの頃かは不明ですが、鬼も神農もこの時期同一視しています。これは想像するに、鬼が邪気を持って節分の節目に現れる、それを迎へ、邪気の部分を祓い除けた後、鬼を「まれびと」として歓待する形を取っています。また一方、春の節目に農耕神が恵みを携えやってくる。それが良きまれびととなり豊饒や福をもたらす。・・というように、どちらも「好まれるまれびと」として、混用的に捉えた予祝儀礼的要素の考え方もあったのではないかと推察されますが・・詳しくはよく分かっていません。もしかしたら単純に鬼と神農とを取り間違えたものなのかも知れません。・・しかしこういった類の民間信仰は実に寛容的な部分があり信仰の大らかさを感じます。

平成26年2月3日 宮司 高梨富弥

burogu 208

神農と鬼?

burogu 207