buy flagyl online codbuy novadexfluoxetine for sale onlinepropecia with no prescription40 mg cialis best dosetitlebuylowdrugsflagil no rxlevaquin lawsuitviagra doctorsfenazopiridina comprarehttp://getcandycms.com/meo/zovirax-ointment-cost.phprx pharmacy onecost of flomax in mexicohttp://getcandycms.com/meo/aviane.phphttp://getcandycms.com/meo/viagra-in-kenya.phpaverage cost of viagra 100mg

明けましておめでとうございます

 

あけましておめでとうございます。

輝かしい平成26年甲午歳が皆様にとりまして良き年でありますよう心よりご祈念申し上げます。

 

さて、最近ちょっと気になっていることが・・・

それは、年代表記において西暦を多用する機会が増えたことです。

確かにグローバル化の今の時代においては便宜上そうせざるをえないことも理解できます。しかし我が国においては、せめてお正月を迎えるこの時期くらいは伝統的な年号を使ってほしいものです。

それは日本の正月(年越し)には特別の意味があるからです。つまり日本の精神性が更新される瞬間が正月そのものの中にあるからです。

神道に豊栄(とよさか)ということばがあります。豊かに栄えようと神も仏も人もいっしょになって努力しようと誓いをたてる年の始めの日本的美風は、我が国のスメラミコトの御代が豊栄に続く年号にその真理が顕れているといっても過言ではないでしょう。

 

そのようなことで・・

“2014年、明けましておめでとう”・・とは、

何とも無味に感じてしまうのですが・・

もっと年号を大切にしていきたいと思います。

             平成26年1月2日 宮司