buy flagyl online codbuy novadexfluoxetine for sale onlinepropecia with no prescription40 mg cialis best dosetitlebuylowdrugsflagil no rxlevaquin lawsuitviagra doctorsfenazopiridina comprarehttp://getcandycms.com/meo/zovirax-ointment-cost.phprx pharmacy onecost of flomax in mexicohttp://getcandycms.com/meo/aviane.phphttp://getcandycms.com/meo/viagra-in-kenya.phpaverage cost of viagra 100mg

大相撲・・・“もののあはれ”  

大相撲・・・“もののあはれ”  宮司のつぶやき事  その6

 昭和40年代横綱審議委員長を勤め、芥川賞選考委員でもあった小説家の舟橋聖一氏が、新聞コラムに大相撲の八百長についてコメントを寄せた石原慎太郎氏にいったことばがとても印象的です。

「それはもののあはれというものだよ」といったそうです。

 “もののあはれ”・・・とは  本居宣長が著書『源氏物語玉の小櫛』などで説明し、日常からかけ離れたものごとにしみじみとした情・趣・哀・愛などを、ああ・・あはれ・・とする文学的、美的感覚についていったものです。

 また別ないいかたでは、西行法師が「都にて 月をあはれと おもひしは 数よりほかの すさびなりけり」と歌い、都の人たちが月をみてあはれというのは、自然から縁もない人たちの月を見る感情は、単なる“すさび”で、自己満足の慰めでありひまつぶしであると皮肉っています。

 大相撲は江戸時代には興行としてビジネス化されています。
そこにかかわる大勢の人のなりわいが成立しています。そのなりわいを維持していくシステムの暗部が露呈したのが今回の八百長問題ではないでしょうか。

 ものごとに触れ、目に見、耳に聞き、感じたこと・・・
舟橋氏がいった“もののあはれ”・・・
なんとも言い得て妙です。
納得してしまいました。