buy flagyl online codbuy novadexfluoxetine for sale onlinepropecia with no prescription40 mg cialis best dosetitlebuylowdrugsflagil no rxlevaquin lawsuitviagra doctorsfenazopiridina comprarehttp://getcandycms.com/meo/zovirax-ointment-cost.phprx pharmacy onecost of flomax in mexicohttp://getcandycms.com/meo/aviane.phphttp://getcandycms.com/meo/viagra-in-kenya.phpaverage cost of viagra 100mg

大震災・・・   

大震災・・・   宮司のたわごと  その7

宮司のつぶやき・・・ ですが・・・
つぶやきにしてはちょっと長く、支離滅裂のような文なのでタイトルを変えることにしました。

“宮司のたわごと” とご理解下さい。

 ところで、10年程前、妹家族が名取市に引っ越すことになった時、私は海沿いを避け高台に住むようにアドバイスしたことがありました。
幸いその後、高台に居をかまえることができ、このたびの震災では難を逃れて家族全員無事でした。

 また16年前の阪神淡路大震災の時のことですが、近所の建築会社からダンプカーを借り、神社で所有するショベルカーを荷台に積んで、神戸市と淡路島へ片道24時間かけ、2週間神職の仲間たちと救援活動にでかけました。
散乱するがれきを撤去するにはショベルカーは大いに役立ち、日頃神社の境内整備等で作業をしていたせいもあり、あまり苦労することなく作業できたことが思い出されます。
がれきをショベルカーでつまんでは、ダンプに載せて、何度も何度も神戸港の集積場へ運んだことを昨日のことのように思い出します。

 今回の東日本大震災は、阪神淡路の震災の時とは大きく違い、原発、放射能の問題があってショベルカーのオペレーターたちも二の足を踏んでいると聞きます。

 一日も早い復興には、一日も早くがれきを撤去することがなによりもの近道であると感じています。それは阪神淡路の時の被災者のかたがおっしゃっておられたのですが、目の前の悲惨な状況を早く消し去ってほしいと言っておられました。

 何とか、何とか、放射能の問題が一日も早く解決して・・・
たくさんの重機が現地に入ることができるようになれば・・・ 
きっと、復興も早く進むことと思うのですが・・・