buy flagyl online codbuy novadexfluoxetine for sale onlinepropecia with no prescription40 mg cialis best dosetitlebuylowdrugsflagil no rxlevaquin lawsuitviagra doctorsfenazopiridina comprarehttp://getcandycms.com/meo/zovirax-ointment-cost.phprx pharmacy onecost of flomax in mexicohttp://getcandycms.com/meo/aviane.phphttp://getcandycms.com/meo/viagra-in-kenya.phpaverage cost of viagra 100mg

鎮守の森からのお願い

mori[1]

櫻木神社 山神さまの杜

鎮守の森からのお願い・・

鎮守の森は、古くから地域においては宗教的生活文化の拠点としての役割を担ってきました。そこでは自然と人間の循環的調和による持続可能なコミュニティが形成され、伝承的文化の中で生活や生産と深くかかわった様々な祭りが行われています。
また、森は保護され、地域の発展と共に多様な生態系が守られてきたため、自然と人間の共存に配慮が施された空間域となっています。つまり、鎮守の森を通して、人々が自然からの贈りものに返礼するという循環的調和を維持しながら暮らす生き方を信仰的に見出してきたといえるでしょう。
それは、凛とした社(ヤシロ)に象徴されている理性といったものに反しない道理によって、湧き出てくる信仰の水流を止めることなく、自然に対する礼節を旨とする人間的調和美を大切なものとして捉えてきたからなのです。

画像 079

一方、地域においては紐帯的な存在であり、生活の混乱や破綻が地域全体に及ぶ悪循環を未然に防ぐシステムが鎮守の森の「まつり」の中にあって、それがセーフティネットとして機能しています。鎮守の森が安心な人心のよりどころとして地域社会の精神的な核になっているのです。

先人たちが、嘗てこのような多くの経験から多様性を感受しながら築き上げてきたこれらの叡知と底力は、時代が進んでも鎮守の森が存続する限り決して変わることはないでしょう。

ある著名な経営者が先人の教えは古いケーススタディと言い切りました。新しいものにだけ先進や革新があって原理や法則のみを導き出すだけではなく、古きに学ぶ心に新しき重き視点を着地させることが大切な時代といえるではないでしょうか。

20111205

櫻木神社のたぬき

エコパークという言葉を最近よく耳にします。ユネスコが認定する「生物圏保存地域」の国内通称で、1976年から登録が始まりました。最近の認定では、自然保護を重視し「持続可能な形で地域も発展しないと多様な生態系は守れない」という考え方です。つまり自然を生かしながら暮らすあり方が重要であるとの考えです。

今日に至るまでの鎮守の森は、自然と人間の共存に配慮した地域振興や樹林の保全、復元、動植物の保護といった、いわゆる“環境プロジェクト”を唱えずして自然の存続・保護保全、地域の安定を持続可能にしてきた経緯があります。

画像 039

櫻木神社のカルガモ親子

 

 

 

 

 

 

当神社においては、持続可能な鎮守の森の保全と、安心・安全な地域振興とを横断的に結びつけた次代に向けた新たな精神的コミュニティづくりを目指しています。

画像 023

櫻木神社の神苑

鎮守の森・・・

そこでは・・信じる対象としての存在よりも、感じる対象としての存在に多くの意味を見出すことができます。自然と神は一体であるといえるでしょう。それは多神教的メンタリティーのセンスであり、信じることよりも、まずは感じることに真の宗教性を見出しているからです。

神道は信じる宗教というより、むしろ感じる宗教であり、または宗教以前の自然と寄り添う生き方であり教えであるとご理解下さい。

More tolerant ・(もっと寛容的に)皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

櫻木神社 宮司 高梨富弥